マンションを貸す時にしっかり準備しました

定期借家契約を利用してマンションを貸したい

定期借家契約を利用してマンションを貸したい / 分譲マンションを賃貸に出す際の費用や手続きを調べる / 自分に合った不動産会社を選び家賃を設定する

分譲マンションを購入して5年ほど経った頃、急に転勤が決まってしまいました。
この転勤は5年経ったらまた戻るという話だったので、転勤の間はマンションを人に貸すことにしました。
しかし色々調べて見ると、一度賃貸に出してしまうと、いつでもやめることができなくなってしまうということを知りました。
賃貸に出すと自分の部屋を借りてくれる借主の方が法律上、有利になってしまいます。
数年ごとに行われる更新時であっても賃貸をやめるということはできません。
正当な理由がない限りは、貸主から賃貸をやめることはできないのです。
このことを知って、賃貸に出すのはやめようかなと思ったのですが、とても気に入って購入した物件なのでどうしても手放したくないと思い、さらに詳しく調べて見ると、定期借家契約という制度があることを知りました。

定期借家契約とは期間限定で貸し出すことができる制度です。
これなら転勤から戻ることが予めわかっている我が家に最適だなと思い、この制度を活用してマンションを貸すことにしました。
次に調べたことは、分譲マンションを賃貸に出す時の費用です。
どのような費用がかかるかというと、リフォーム代や設備交換代、管理委託料です。
部屋を賃貸に出して家賃収入を得ることは商売と同じことであるので、きちんとその商品をメンテナンスしなければなりません。

マンションを貸す | マンションを貸すコツ